多文化コンシェルジュ名鑑

エディス・ジュン

 

出身国  :インドネシア

言語   :インドネシア語・英語・日本語











輪ゴムで世界を繋げる

 エディス ジュンです。インドネシアの西ジャワ、マジャレンカという田舎で生まれました。1歳頃に親が離婚してしまい、母と2人暮らしで育てられました。

母は全然学校に通っていないため、地方の言語(スンダ語)しか話せません。字も読めず、国語のインドネシア語も話せない中で、僕を育ててくれました。生活は大変でしたが、心優しい母は周りの人が困っていれば必ず助けてあげたし、周りの人たちも僕たちが困っていれば必ず助けてくれました。
一所懸命頑張っている母の姿を見て、自分もいつか母みたいな立派な人間になりたいと思っています。世界で一番大事なのは綺麗な心を持つ事だと母の努力が教えてくれました。

お金がない僕には高い教育を受けるのが無理だったかもしれません。
ただし運が良かったのです。無料教育ばかり受けてきました。
奨学金を貰って無料で高校の3年間を通う事が出来ました。あまり良くない高校でしたので、高校卒業しても全然パソコンが使えませんでした。英語も学校でしか習っていませんが、その英語で色んな国からの友達が出来ました。勉強は学校だけではないと僕は思います。周りの人の声を聞いて見習う事が重要です。

高校卒業してからすぐ従兄弟と一緒にジャカルタで暮らして、色んな仕事をやって、何回も転職して来ました。訪問販売で洋服を売ったり、日本の工場で仕事をしたり、Yamaha Music School の受付で働いたりしました。
どうしてもパソコンを使えるようになりたかったので、お金を貯めてパソコンを買い、一人で使ってみて学びました。
そして、働きながら少しずつ貯金して、大学に入学しました。ちなみに今まだ2年生ですが来日する事になったので、休学しています。
日本語はインドネシアにあるFuji Bijak Prestasi 日本語教室で無料で勉強させて頂いて、そこで日本語能力試験のN3に合格しました。

2012年3月30日に来日しましたが、日常会話は話せますので特に日本語の問題はありません。日本で日本語能力試験のN2を合格して、今はN1を目指している所です。ただ、日本語が話せても日本人の友達を作るのは簡単な事ではないですね。人が好きな僕には凄く気になります。どうしてだろう?僕達は外国人だから日本語が分からないと思われてるらしいです。日本人は英語が喋れない人が多いでしょう。英語が出来なかったら外国人と会話が出来ないと思われているのかな〜。

母国語(インドネシア語)も分からない母が教えてくれた事、世界で一番大事なのは“心”だということを発信したいです。例え輪ゴムでも世界を繋げることができると思います。“言葉が分からなくても、心が繋がっていれば、世界を繋げる事が出来ます”。


<<戻る

 

ページのトップへ戻る