多文化コンシェルジュ名鑑

ジャエヌデイン・ラマダン

出身国  :インドネシア

言語   :インドネシア語・日本語









世界で友達を作ろう

 ジャエヌデインです。みんなにジャエンと呼ばれています。インドネシアのジャカルタのブカシ出身です。六人家族で、僕は末っ子です。末っ子ですが、あまり甘やかされずに、育てられました。生活は大変ですけれども、両親はいつも僕に「頑張れ、頑張れ」と言ってくれました。

 高校を卒業してから、大学に入りたかったけれども、残念ながら、入ることができませんでした。父の仕事は中古品の販売なので、僕を大学に行かせるだけの収入がありません。両親に無理は言えないので、高校卒業後、働くことにしました。でも、大学で勉強したいという思いは一度も忘れていません。

 高校生のとき仕事を探していたら、日本で研修生として働けることを、先生が教えてくれました。それまで、研修生制度のことはまったく知りませんでした。日本のような大きな国に行って働くということが自分にもできるとは考えたこともない、夢のような話でした。それからアイムジャパンに応募し、合格して、日本語や日本の習慣を研修センターで勉強しました。日本語は難しくて大変でしたが、一生懸命勉強しました。いざ行くことが決まった時は、知らない人ばかりだし、失敗しないだろうか、大丈夫かな、ととても心配でした。でも、神様にまかせるしかないと思って日本に来ました。

 働いてみたら、仕事を覚えることができたし、友達も出来たし、日本での生活は楽しくて、日本に来て本当によかったです。今の会社には、様々な国から来た人がたくさんいますので、友達が出来ました。もちろん会社の中だけではなく、休みがあるたびにいろいろなイベントに参加しました。そのため現在9ヶ国もの友達が出来たのですよ。日本人やほかの国の人のことを知れば知るほど好きになりました。もっと友達を作りたくて、この多文化コンシェルジュに参加しました。

 日本を来る前、僕は家族と中学校を開きました。NURUL IMAN SUKAKARYA – BEKASIという名前の中学校です。インドネシアに帰国したら、この中学校をもっと発展させたいと思います。今この中学校で生徒たちも日本語を勉強しています。生徒たちも日本へ学びに行くことができたらなと思います。そうしたら僕みたいに生徒たちも色々な国の仲間が出来ると思います。今は日本で働きながら、中学校をサポートしています。いつか僕の夢を叶えることができたらなと思います。もしインドネシアに来る機会があったら、ぜひ僕の中学校に来てください。

 海外旅行をしたり、新婚旅行をしたり、仕事で出張したりするときは行った国の言葉や生活、文化が分からないと楽しめないですよね。そんなとき友達がいれば案内してもらえます。それから、友人と一緒に世界を探索することができます。だから、友達を作ることは一番大切だと思います。これからもたくさん仲間を作りたいと思います。いろいろ、考えることよりも、友達を作るには、まず、笑顔で話しかけてみることです。




 

ページのトップへ戻る