多文化コンシェルジュ名鑑

田近ヨアンナ

出身国  :ポーランド

言語   :フランス語・ポーランド語・英語・

      日本語







ポーランドの文化を日本に伝えたい

 私はポーランドのワルシャワで生まれ育ちました。子供のころからピアニストとして活動しフレデリックショパン国立総合音楽大学でピアノと教職課程を卒業、その後ワルシャワ大学の経営学部に編入し経営と文化交流のMBAを卒業しました。卒業後はフレデリックショパン協会に就職しショパン国際ピアノコンクールの事務局でも働いていました(2005年度)。その後ポーランド文化庁で音楽担当の専門家として様々な文化振興プロジェクトの立ち上げ・運営に従事し、2008年からは政府機関であるアダムミツキエヴィッチ研究所にてヨーロッパ文化振興プロジェクトのポーランド代表を務め、EU圏の文化交流を推進する人材の育成を、研修会・国際会議の企画運営及び広報活動を通じて推進してきました。

 私の英語(堪能)、フランス語(堪能)、ポーランド語(母国語)、ドイツ語(基礎的な知識)を話します。また日本語能力試験N2にも合格し現在はN1の取得に向け勉強をしています。私の趣味は旅行と登山です。

 私はフレデリックショパン協会に働いていたときに日本からパリに音楽関係の仕事で赴任していた主人と出会い、2011年に結婚し2012年6月に来日しました。現在は浜松市に住んでいます。

 私は日本でもポーランドで働いた頃の経験を活かして社会の役に立ちたい、特に文化振興に関わる活動やイベントに関わることが出来ればと思っています。さらに私の国、ポーランドの文化も、日本の皆様に伝えていくことが出来ればと思っております。




 

ページのトップへ戻る