多文化コンシェルジュ名鑑

シニョ

出身国  :インドネシア

言語   :インドネシア語・英語・日本語









From 0 to Hero(ゼロからヒーローへ)

 私の名前はシニョです。バンデゥンで生まれました。バンデゥンは涼しくてにぎやかな町で、人も優しいです。バンデゥンはジャカルタから車で2時間ぐらいのところにあります。もしインドネシアに行く機会があったらバンデゥンにも行ってみてください。インドネシアにいたときはKAWAI PIANOで働いていました。ピアノの工場で働いていたのですか、ピアノを弾くことは全然できないです。工場で働きながら自分のお店である服屋を作りました。そのあとクリーニング屋も作りました。従業員を探すのは簡単だけれども、育てるのは難しいです。今までお店は3つあるから9人の従業員を育てました。

 KAWAI PIANOで働いていたときに、友達から日本のことを聞きました、写真とかビデオとか見せてくれました。桜やもみじの写真、花火大会のビデオやスキーをするビデオなどを見せてもらいました。これらを見てから日本のことについてとても興味を持ちました。日本の会社で働こうと決めました。今、技能実習生として工場で働いています。ホンダ車の部品の製造をしています。

 日本へ来る前に日本語とか日本の文化なども勉強したのに、日本での生活で困ったことがたくさんあります。例えば病院へ行ったときの話です。眼科へ行こうと思ったのですが、間違えて産婦人科へ行ってしまいました。そのときはとても恥ずかしかったです。買い物するときも大変でした。私はイスラム教徒だからハラルの食べ物しか食べないです。豚肉は食べることがないし、お酒も飲めません。漢字を読めないし日本語もまだまだ上手ではないから思い通りになりません。でも一つずつ頑張って勉強していきます。

 私の将来の夢はビジネスマンになってお金持ちになることです。技能実習生は3年間しかありません。インドネシアに帰ったら、まず、MEKKAH(SAUDI ARABIA)にお祈りに行って、また日本に戻りたいと思っています。日本で自分の会社を作りたいと思います。服屋やハラルのレストラを経営したいです。どうして日本で会社を作りたいかというと日本でインドネシアのものを広めたいからです。またハラルの食べ物もムスリムの人のため日本に広めたいです。でも本当の私の日本にきた目的は、日本人と結婚することです。あたたかい家族を作りたいです。そして35歳くらいになったらGRAND SINYOS HOTEL を作りたいです。60歳になったらお仕事をやめて、奥さんや子どもたちと一緒に外国を旅行しようと思っています。




 

ページのトップへ戻る