楽器職人名鑑

江崎秀行

 

キャプテンジョージ


楽 器 クラシックギター
工 房 江崎ギター工房
住 所 浜松市東区半田山3-33-12
TEL 053-433‐8917
H P http://www4.tokai.or.jp/he_guitar/


究極の音のギターをお届けします

__職人のギター作りのこだわりはなんですか?

職人:ギターは音が出る物ですから、私は究極の音を探しています。

 

__究極の音とはどんなものですか?

職人:私はスペインで100年前のギター作りを学んできました。なので、できるだけ昔の音に近づけることにこだわっています。昔の音の良さを求めているのです。 よくギター作りに大切なのは寸法・材料・設計・弦が大事だと言われますが、私はもう一つ大切なものがあると思います。それは何だと思いますか?

 

__集中力とかですか?

職人:それも大切ですが、私はいつも大切だと思っているのは「愛情と根気」と思っているのです。 ギター作りというのは当たり前ですが物を作ることです。なのでどうしても技術とか技量とかにとらわれてしまいがちになってしまいます。けれど私は魂の部分も大切だと思うのです。何か物を作るときにはそのときの作った人の気持ちがその音にも出てきてしまいます。分かり易く言えば、何か辛いことがあったとき、悲しい気持ちでギター作りをしていたら、ギターも悲しい音になってしまうのです。

 

__愛情と根気を維持させるのはとても大変そうですね。

職人:でも、一生懸命、妥協なしでギターを作って完成したその音を聴いたときの喜びを考えると、がんばって作ろうと思えます。ギターっていうのは面白いもので、音に個性が出る楽器なのです。だから、50人いれば50種類の音がある。僕には僕自身の音があって、それを弾く人がいて僕の音が生まれる。これがギター作りの魅力です。

 

__貴重なお話をありがとうございました!


<<戻る

 

ページのトップへ戻る