楽器職人名鑑

鶴見芳久

 

キャプテンジョージ


楽 器 ギター
工 房 gs.Universe
住 所 浜松市中区佐鳴台5-23-15 尾浦ビル1F
TEL 053-445-5067
H P http://www.gs-universe.com/


音に加え、弾きやすさと弾き心地も

どんな工房・職人?

職人は1899年に大阪の師匠から独立し工房を始める。3年前から浜松に工房を移した。
子供の頃からものづくりが好きで、プラモデルを作ったり、扇風機を分解したりしていた。職人がギターと出会ったのは中学生のときである。弾くことも好きだったが、作る方により興味がわき、サラリーマンをやめ、大阪の工房にて修行した。

 

ここがすごい!

「楽器とは分解し、直せるようにできている。」と鶴見さんは語る。楽器は直し、直されて使われてきたものであって、手を加えることで、使える楽器にすることが職人の仕事である。また、弾きやすさや音などそれぞれ人の好みがあるため、お客様がイメージしている音と自分のイメージしている音を同じにするように努めている。gs.Universeの楽器は上から下までバランスのいい音が出るのが特徴もある。良い楽器を作ることを常に心がけて製作をしている。

 

職人の声

音楽の町ということで、浜松という場所は音楽を好きな人が多いですし、お客さんは遠いところから来てくださる方もたくさんいます。昨年は震災でダメージを受けた楽器の修理をやりました。自分で作ったギターや修理したギターをお客さんに「よかった」と言ってもらえるのが一番嬉しいです。お客さんの1人1人に合わせて、楽器も1つ1つ違います。そのギターにあった施しかたをするように心がけています。


<<戻る


 

ページのトップへ戻る