楽器職人名鑑

富永誠一

 

キャプテンジョージ


楽 器 リガチャー
工 房 富永工業所
住 所 浜松市浜北区新原2581-1
TEL 053‐589-8377


音楽はまず自分が楽しむことから

どんな工房?

富永工業所社長の富永さんは小学校の鼓笛隊に入っていたことから同鼓笛隊に入隊するなど小さい頃から音楽に関わっていた。中学高校の吹奏楽部では木管楽器をやってみようと思いクラリネットを演奏していた。高校卒業後も一般団体でクラリネットやサクソフォーンを演奏していた。


ここがすごい!

自身の演奏経験から「見て、着けて、吹いてより楽しく楽器に触れ合って欲しい」と考え研究を進め、たくさんの色を選ぶことができるアルミニウム製のリガチャー(締金)を発明した。富永工業所はもともと二輪車・四輪車等の自動車部品製造を手がけており、得意技術で あるプレス、溶接、板金等のノウハウを活かした新規事業として、着想から5年もの年月をかけて、地域の関連 工場と連携して業界初のアルミニウム製リガチャー『誠兵衛‐sayB♭‐』を開発、自社製品として発表した。軽量で、音の伝達速度が速いアルミニウムを使用することで楽に明るく輪郭のある素直な音を出すことが出来るのが大きな特徴である。また、息を入れた際の反応もとても良く、扱い易いリガチャーである。アルミニウムは剛性が強いため細かな加工が難しい。それにも関わらず品質を徹底的に追求し、金属の配合にも独自の工夫がなされている。これは大きな反響を受け、完成直後にメディアでも多く取り上げられた。


職人の声

音楽とはまずは自分が楽しむべし。常識に囚われず、オリジナリティに富んだ、皆が喜ぶものをつくっていきたいです。


<<戻る

 

ページのトップへ戻る