学則


(開講目的)

第1条 在住外国人の介護職員を育成し、もって国籍に関係なく安心して生老病死を迎え    ることができる多文化共生社会の構築を目的とする。

 

(研修の名称)

第2条 研修の名称は以下のとおりとする。

    グローバル人財サポート浜松 介護職員初任者研修(通信)

 

(研修の過程及び形式)

第3条 研修過程及び形式は以下のとおりとする。

    介護職員初任者研修過程(通信)

 2  講義を通信の方法によって行う地域は静岡県内とする。

 

(研修会場の所在地)

第4条 研修会場の所在地

    一般社団法人グローバル人財サポート浜松  <アクセス方法>

    社会福祉法人天竜厚生会研修センター    <アクセス方法>

    浜松市福祉交流センター          <アクセス方法>

(研修期間)

第5条 研修期間はおおむね4か月とする。

 

(講師氏名)

講師氏名 経験年数 資格
安形 典子 15年 介護福祉士
鈴木 庄吾 18年 介護福祉士
山下 仁志 12年 介護福祉士
松野 聡 3.2年 社会福祉主事
鈴木 規予 13年 介護福祉士
杉山 真由 8年 介護福祉士
小杉山 敬 7.8年 介護福祉士
渡邉 靖子 3.8年 社会福祉士
渡邉 一貴 10.5年 社会福祉士
堀 みさ子 18年 看護師
森 洋子 4年 看護師
小島 知里 5年 看護師
有海 友佳子 5年 看護師
長谷川 純也 4.9年 社会福祉士

 

(遅刻、早退、欠席の取り扱い)

第7条 遅刻及び早退は、別に定める時間割表において該当する時間帯について、いかな    る理由であっても欠席とみなす。

 

(研修時間数等)

第8条 時間割表 

 

(研修修了の認定方法)

第9条 第8条に定める研修の全日程及びその内容すべてを履修した後、1時間程度の終    了評価を受けて一定以上の評価を得た者を修了者と認める。

 2  前項の全てを履修とは「こころとからだのしくみと生活支援技術」の項目におい    て、介護技術の取得が講師により評価された者及び第3項の通信形式で評価され    た者を含む。

 3  通信形式については次のように実施し評価する。

 (1)添削課題レポートに係るを提出期限までに提出することとする。ただし、添削評    価の結果、合格点に達しない場合は合格点に達するまで再提出を求める。

 (2)評価区分は正解率100を満点としA(正解率90以上)、B(正解率89~8    0)、C(正解率79~70)及びD(正解率70未満)とし、合格はC以上の    評価であり、D評価を得たものについては不合格とする。

 4 第1項の修了評価は筆記試験により行うこととし、100点を満点とし、A(90   点以上)、B(89~80点)、C(79~70点)及びD(70点未満)の区分   により行う。なお、第1項の「一定以上の評価」とは、C以上の評価であり、D評   価を得たものについては、必要に応じて補講を行うとともに、学則としては修了者   と認定するに足るまで再評価を行う。

 

(受講申込手続)

第10条 受講申込手続は以下の(1)から(3)の手順により行い、(3)の完了を一     般社団法人グローバル人財サポート浜松(以下、「事業者」という。)が確認     することで受講者申込手続を完了したとみなす。

(1)受付期間

 開講日の概ね6週間前から受付を始め、2週間前で締め切る。

(2)申込手続

 別に定める「受講申込書」に必要事項を記載のうえ、事業者に郵送にて提出する。

(3)受講決定通知等

 事業者から受講決定通知および受講料納入通知書を受け、受講料を納入する。

 

(受講料等受講に際し必要な費用の額)

第11条 受講料等受講に際し必要な費用の額は以下のとおり。

(1)受講料           130,000円

(2)テキスト代          10,000円(受講料に含む)

(3)傷害・賠償保険料       (別途自己負担)

(4)補講料             2,500円/時間

(5)修了証の再交付費用       1,000円

 

(返金について)

第12条 受講料は受講申込手続完了後いかなる理由があっても返金しない。

 

(保険加入)

第13条 介護労働講習等損害(傷害・賠償責任)保険は、全ての受講者が任意加入する     ものとし、これに係る一切の費用は受講生が負担する。

 

(研修欠席者に対する補講の実施方法)

第14条 研修を欠席したもののうち、やむを得ない事情があると認められる者について     補講を行うものとする。また、補講に係る料金は本学則第11条の規定により     受講生が負担する。

 

(使用テキスト等)

第15条 研修に使用する教材は次のとおりとする。

・日本医療企画出版:教材名「介護職員初任者研修テキスト」、

・日本語指導グループ’Y’出版:教材名「介護の言葉と漢字ワークブック」

・社団法人国際厚生事業団出版:教材名「介護の言葉と漢字ハンドブック」

 

(受講取消)

第16条 受講生が以下のいずれかに該当すると認められる場合は、事業者の判断により     当該受講生の受講を取り消すことが出来る。

(1)学習意欲が著しく欠け、修了の見込みがないと認められる者

(2)研修の秩序を乱し、その他受講生としての本分に反した者

(3)受講継続意志のない者

(4)その他、事業者が不適当とみなした者

 

(退講)

第17条 本学則第16条により受講を取り消されるに至った者は退行扱いとし、速やか     に事業者に「退講届」を提出しなければならない。

 2 退講前に履修した当該研修については、その受講をすべて無効とする。

 

(修了者管理)

第18条 事業者は、修了者を静岡県知事に報告するとともに、修了者台帳で永年管理す     る。

 

(修了証明書の交付)

第19条 事業者は、第9条により修了者と認定してものに対して、介護保険法施行令第     3条第1項に定める証明書を交付する。

 

(修了証明書の再交付)

第20条 修了者のうち、修了証明書を破損又は紛失した者は、「グローバル人財サポー     ト浜松 介護職員初任者研修(通信)修了証明書再交付申請書」を事業者に提     出することで再交付を受けることができる。なお、修了者は再交付費用として     1,000円支払うものとする。

 

(個人情報管理)

第21条 事業者は、当該研修における個人情報について厳正に管理を行う。

 2   受講生は、研修中に知り得た個人情報等を他に口外しないこととし、その旨を     誓約書に記載して事業者に提出する。

 

(附則)

第1条 この学則は、平成26年1月31日から施行する。

 

<<戻る


 

ページのトップへ戻る