日本語教師研修

「生活者としての外国人」に対する日本語教師<初任>研修  

「生活者としての外国人」に対する日本語教育を担う、日本語教師<初任>の研修カリキュラムを平成30年から2年間にかけて開発しました。そして、地域に資する教師とはなにか、必要な知識や技術の習得だけではなく、その研修はまさに「新しい価値の創造」と業界を超えた人や機関の「価値観の共有」であり、日本語教育がソーシャルイノベーションを起こす起爆剤となる得ることがわかりました。

<報告会>

日 時 令和2年12月12日 13:30~15:30@ZOOM

対 象 本事業に関心のある方

配 信 Zoomビデオウェビナー(事前予約制)

参加者数 60名

受講料 無料

<プログラム>  

13:30 開会・ご挨拶 堀永乃(グローバル人財サポート浜松代表理事)  

13:35 事業報告 松本裕典(TLS袋井教務主任)  

14:00 トークセッション「新しい価値の創造と価値観の共有」  

日本語教師研修事業がどんな成果や効果をもたらしたのかーステークホルダーによるトークセッション
 

・登壇者  

石川彰吾(株式会社ソミック石川取締役)  

石崎みづき(湘南日本語学園浜松校教務主任)  

坂部果歩(虹の架け橋教室菊川小笠教室講師)  

・モデレーター  

西原鈴子(特定非営利活動法人日本語教育研究所理事長)  

 15:30 閉会


チラシ

・当日資料

ポンチ絵

事業報告

報告書


報告会動画はコチラから


ページのトップへ戻る